スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

「早分かり!日本のパワースポット」の感想

早分かり!日本のパワースポット』を読み終わったので感想を書きます。

日本全国のパワースポットが約90ヶ所くらい紹介してありました。
紹介してあるのは有名な寺社が多いですが、山とか公園とか洞窟なんかも少し紹介されていました。
福井県の東尋坊(とうじんぼう)がパワースポットとして紹介されていたのは少し驚きました。
東尋坊といったら「自殺の名所」という認識しかなかったんですが・・。

この本は風水系でも霊能者系でもないので、「なぜそこがパワースポットといえるのか?」という根本的な問いに答えてくれるものではないですね。
そのスポットの歴史とか周辺の見所などが書かれている旅行雑誌の延長みたいな、よくあるパターンのパワスポ本です。
でも神社の由来とか豆知識のような情報がけっこう豊富に書いてあったので自分的には楽しめました。

パワースポットの御利益もいちおう書いてあります。
御利益は神社の御祭神のキャラクターや、その土地の歴史などから導いているような感じです。
たとえば、
八郎潟は干拓地なので「開拓精神」を授かるとか、
中尊寺には義経をかくまった秀衡の男気が今も存在するので「信頼できる人間力」を授かるとか、
首里城は度重なる破壊があったが見事に復興しているので「再起・再生パワー」があるとか、
まあ、単なるこじつけのようにも思えますが、なんの根拠もなく「金運アップ」とか書いてあるよりはマシかなと思いました。
« スピ☆散歩ぶらりパワスポ霊感旅2の感想 ブログをつくりました »

PR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。