スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

怪眼の感想

怪眼を読んだので感想を書きます。
漫画です。
著者は『スピ☆散歩』の伊藤三巳華さんです。
スピ散歩が面白かったので他のも読んでみるかと思って。
スピ散歩はカワイイ絵柄で話も軽めでしたが、こっちの『怪眼』は劇画調の本格ホラー漫画です。
伊藤さん自身の体験談というのはスピ散歩と同じですが。
内容はけっこう怖いです。
自分的に一番怖かったのが「死を待つ女」です。
とあるマンションで自殺した女の霊が出てくる話。
読んでて心臓がバクバクしてしまいました。
女の霊の顔が怖い怖い。
こういう絵も描けるんですね。
霊が見えるだけで何一つ解決しないまま放置するのがリアルです。
怨念を抱いている霊が本当にいたとして、それをそんなに簡単に除霊できるなんて思えませんしね。
幽霊が見えるっていうのも色々たいへんそうだなーと思いました。
« 「カルラ舞う!」式パワースポット巡礼の感想 メールが来ていたのでお返事 »

PR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。